借金催促が怖い!キャッシングで遅れたら、怖い人が来ますか?

借金催促が怖い!キャッシングで遅れたら、怖い人が来ますか?

キャッシングをしたいのですが、借金催促が怖いと聞いたことがあるので、怖くて踏み出せません。脱サラしたくて、ビジネススクールへのスクーリングを考えているんですが、借金しないと支払いきれない状況です。会社員なので、貯金もあり、借りるのは20万ほどで良いですし、返せるとは思っていますが、それでも万が一のときに、催促とか、利息が高いとか、考えると怖いです。

返済が遅れたら、催促で怖い人が来ますか?何か対処法とかあれば、教えてください。

借金催促はかつてほど怖くないですが、借金は返しましょう

借金催促で怖いお兄さんが来る、というのは、もう、何年も前の話です。確かに、かつては返済ができないと、怖いお兄さんが来る、というのが、一般の消費者金融でも当たり前の世界だった時期があります。

けれども、現在では、そのような方法で催促をしている金融会社は、ほとんどありません。万が一、そのような会社から借りてしまったとしても、警察が対応してくれますので、ドアを開けず、110番に通報すれば良いのです。最近であれば、闇金融でもない限り、そのような荒々しいことはしないのが普通ですし、闇金融にすら、優しい闇金が存在するのです。というのも、厳しい取り立てをして自殺などされてしまうと、戻ってくるお金も戻ってこなくなるため、彼らにとっても、そうするメリットがないんですね。

会社の正社員で20万程度の借金であれば、特に何か問題がない限りは借りられるでしょう。銀行や信金、消費者金融から、フリーローンかカードローンで借りてください。ただ、銀行や信金だからといって、取り立てが来ないかというと、現在では、保証会社である消費者金融が取り立てに来るシステムになっていたりしますので、その点は、予めご承知おきください。

ここまでは催促に関する話をしてきましたが、基本的にお金は借りたら返すものです。特に、ビジネスをしたいのであれば、そのあたりの覚悟もしっかり決めてする必要があります。約束は守るのが原則ですから、甘えたことを言わず、きちんと返済しましょう。

キャッシングにおける借金催促はありえない

キャッシングにおける借金催促はありえないことだと言えます。そもそも、借金催促が大きな問題として取り上げられたのはサラ金業者のような非合法の団体の影響ですので、消費者金融が提供しているキャッシングとは全く関係のないことだと言えます。そもそも、サラ金業者と消費者金融は全く意味が違うことを知っておかなくてはいけません。

サラ金業者と言うのは、サラリーマンのような一般の消費者にもお金を貸す機関として誕生したのが成り立ちです。元々、大手の金融機関である銀行グループは個人に対する融資を積極的に行なっていませんでしたので、このようなサラ金業者のような非合法の団体が出てきてしまったのです。

しかし、サラ金業者の問題点と言うのは非合法の手段で金貸しをすることでしたので、その点に関しては大きな問題となってしまいました。だからこそ、サラ金業者と言うのは行政処分の対象にもなりましたし、実際的な問題としても裁判沙汰になるような大きな案件も存在していたのです。

そして、こうした非合法の団体が無くなった後に出てきたのが、現在のキャッシングを提供している消費者金融という合法的な団体なのです。消費者金融の魅力的なところは、誰もが望んでいた合法的な手段による少額の融資を実現したところにあります。融資に関して安全性が極めて高いのです。

なぜこのようなことがいえるのかと言うと、そもそもキャッシングには融資に関する規制が制限が多く存在するのです。これは融資を受ける消費者が保護するための規制や制限になっていますので、融資に関して万が一にでもトラブルが発生するようなことがないようになっています。事実、大手の消費者金融では大きな問題が起こったことが一度もありません。

そして、こうした大手の消費者金融というのは銀行グループの後ろ盾によって上場企業になるまで成長していますので、非常に信用性の高い会社なのです。だからこそ、絶対に借金催促など存在しないと言えるのです。