カードローンではなく、キャッシングって繰り上げ返済可能?

カードローンではなく、キャッシングって繰り上げ返済可能?

カードローンの繰り上げ返済ってよく聞くんだけど、カードローン以外のキャッシングの繰り上げ返済って可能なの?たとえば、クレジットカードの一括払いキャッシングとか、少額のキャッシング用カードとか…

可能なカードとそうでないカード、両方があります

キャッシングをしたら、日割で利息がかかりますから、できれば早めに返済しておきたいものですよね。早めにというのは、つまり繰り上げ返済ですが、約定返済と違って、繰り上げ返済は、できる場合とできない場合があります。

キャッシングのカードによっても、繰り上げ返済ができるかどうかは違うんですよ。クレジットカードのキャッシング一つ取っても、国内と海外で繰り上げ返済の可否範囲が違ったり、どこのカードかによっても違ったりして、一概にこうだとは言えないんですね。

あるデパートでは、店舗で繰り上げ返済ができたとかいう話もありますし、一方、某カードの海外キャッシングでは、一括に設定していると、繰り上げ返済がほとんどできないということもあります。繰り上げ返済と言っても、全額支払う種類の返済もあれば、

キャッシングカードの繰り上げ返済は、締め日の前にしないと、あまり意味がないです。締め日になってしまうと、その後の利子は変わらなくなってしまって、支払日に払うのと変わらなくなってしまうので、ATM手数料などを取られてしまう場合、かえってもったいないということにもなります。

借金の利息は、返済総額を決定する重要な要素です。繰り上げ返済のできるカードかどうか、カード発行を行っている会社に、事前に確認しておくようにしましょう。

キャッシュングは繰り上げ返済可能なところでないとダメです

カードキャッシングで重要なことの一つに繰り上げ返済があります。普通のカードキャッシングでは繰り上げ返済可能であるかどうかは非常に重要なことです。とは言え現在繰り上げ返済が出来ないキャッシングはありません。これは法律的な指導もあり必ず出来るようなのです。従って問題なのは簡単に出来るかどうかです。繰り上げ返済の手続きが面倒なら、中々返済がすすまなくなるのが人情です。つまり簡単に繰り上げ返済できるところを選ぶ必要があります。

何故繰り上げ返済が重要なのかということですが、キャッシングと言っても色々ありますが、一般的には借り入れたお金を残高に応じた金額を引き落としされる残高スライド式リボ払いが多いようです。この支払い方式では繰り上げ返済をしない場合は、引き落とされる金額は最小限の金額となり、カードキャッシュングの比較的高い金利では、金利ばかり払って中々元金が減らないくらいの金額しか返済しないのです。確かに月々の返済は少なく楽ですが、こういう返済を続けていたのでは時間とお金の無駄です。高金利な借入れは出来るだけ早く返済することが重要です。

つまり、金利ばかり払っている状態にしたくなければ、多くのキャッシングでは自動で設定される最小限の引き落とし額はお金がなくても最低それだけ支払わなければならない金額と考えて、少なくともその倍くらいは返済するように考えるべきです。基本的に金利が高いので2年くらいを目安に完済するべきだと思います。キャッシングの金利はそのくらいであるべき金利だと思います。

消費者金融の場合は各社とも繰り上げ返済は簡単に出来ます。そもそも繰り上げ返済ではなく毎月の最低返済額が決まっているだけでいつでも返せるだけで返済することが出来るのが基本ですから。それに対して支払いが口座引き落としで残高スライド式リボ払いの場合は、引き落とされる金額で十分なような気がしますが、それは本来最低限の返済です。